メインイメージ画像

人手不足の福祉!

社会的に、現在は福祉の職種が売り手市場ですね。需要があるというのはつまり人手がたりないという状態でしょう。福祉の業種に転職を考えている人はしっかり業種を調べてから決めるべきでしょう。転職の面接においては、自分が何故福祉を選んだのかを、きちんと話せる事は基本ですね。前職が福祉の内容と繋がっていない場合も、例えば近親者の方の介護などを見たり体験したりといった内容の話を聞いてもらうのもいいでしょう。大変な業界ですがそれだけにやりがいが感じられる業種でしょう。

簡単な気持ちでは続かない仕事だからこそ面接側もあなたを見る目は厳しいでしょう。面接官にも、自分は十分分かっていて転職しようと希望していることをアピールしましょうね。福祉の職種を良くしっているのは採用する側にとってなにより良い印象になるでしょう。

転職を決めて仕事のもしくは、面接を受けるつもりの企業の基本知識は、ちゃんと理解しましょう。面接の時、企業側がどういった形で質問されたとしても、基本知識を使って答えるようにするといいです。それに加えて、事前に調べた時に持った印象などを付け加えて受け答えすると良い印象ですね。

たとえば、企業の
商品や理念など代表的な事などは、ちゃんと調べましょうね。それに加えてあなたはどんな感じの印象を抱いたのかを話せるといいでしょう。そこから発展させていって、相手の企業に不快にはならない範疇で、こうするともっとよくなるのでは、と言ったあなたの改善案を伝えてもいいのではないでしょうか。他のライバルより前に出るには要素が必要ですよ。

更新情報